ががんぼ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ヘッドフォン

日経TRENDYでソニーの高級ヘッドホン(イヤーフォン)が売れてるという記事を見て、音質の良いヘッドホンが欲しくなって調べてみた。

まずは記事に載ってたソニーMDR-EX90と、同じコンセプトの廉価版MDR-EX85を西梅田の Sony Style Store で試聴。両者には歴然とした差がありEX85は落選。さらにWebで調べていると、電車内の使用で高音質を求める場合まず遮音性が大事で、必然的に選択肢はカナルタイプになるらしい。ところがEX90は一見カナルタイプに見える外観でありながら実際はインナーイヤーに近く遮音性がいまひとつとのこと。

電車内のような騒音が多い環境では ETYMOTIC RESERCH というメーカーのものが良いらしい。元は補聴器メーカーだそうで、ここのカナルタイプはぐりぐりと耳の穴の奥深くまで差し込むようになっており、装着に慣れが必要だが正しく装着すればノイズキャンセリングヘッドフォンよりも高い遮音性が得られ、音質も良いとのこと。早速ヨドバシ梅田店へ試聴しに行ったのだが、3段キノコタイプと言われるイヤーチップがついたER-6iはやはりうまく装着できなかった。2段キノコのER-6は問題なく、確かに良い音がする。試聴した後で普段使ってる\4,000程度のヘッドフォンで聴くと「こんなにヘボい音だったの?」と思うほどだった。しかーし、ER-6よりER-6iの方がアクセサリーが充実しているし、ER-6はなぜかプラグがL字タイプになってて使い勝手が悪そう。結局、ER-6iと6i用の2段キノコイヤーチップを購入することにした。

参考にしたサイト

しかし、ETYMOTIC RESERCHのこれにはびっくり。

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://zabby.blog35.fc2.com/tb.php/113-9381d89b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。