ががんぼ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

続 水槽台

cabinet

最終的に少し補強しました。次回は失敗だったライトの予定です。

スポンサーサイト

自作キャビネット

cabinet

興味津々と言われるほどのものではありましぇん。面倒なのでサンディングもせず生地のままスプレーふいただけです。盆休みにでも仕上げようかな。金具類以外には一切ネジ・釘のたぐいを使わず、接着剤のみで組み立てました。コンパネなのであまりネジがきかないですし。一応、接着剤は耐水性とコストの両立を狙ってエポキシとビニルエマルジョン系を併用してます。耐水性もコストも中途半端という意見は却下。蝶番・取っ手はダイソーです。取っ手はいいのがなかったので、カーテンのタッセル用の金具を転用しました。扉を閉めたときのキャッチするヤツ(何て言うの?)は、ホームセンターで買いました。塗料こみで総費用2,000円ちょっとかな。

30cm水槽台

cabinet

cabinet

水槽台を作ることにしたのはいいんだけど、やっぱり安くつくるのは難しくて、無い頭をしばらく使ってました。強度のある板を使うと板代がかさむので、板は12mmのコンパネ(三六930円)を使い、強度は構造で確保することにしました。ハタガネがないのでこんなことして固定してます。

30cmキューブ立ち上げ その1

New Tank

買ってしまいました。Charmで1,099円だったんです、この水槽。まぁ水槽が安くてもフィルターやライトや水槽台をそろえるにはそれなりに費用がかかるわけですが、ここはひとつ、節約してみよー。

で、まず水槽台。30cmクラスの台ってあまりないんですよね。あったとしても流通価格は60cm用より高かったりするし。というわけで作ることにしました。高くつきがちな自作ですが、このクラスは市販品が割高だし強度もさほど必要ないのでなんとかなるかも。

謎の物体

Neww Tank

こ、これはいったい・・・?

日本観賞魚フェア行って来ます。しかし、もうちょっとましな告知をできないものだろうか。

CO2切れと油膜

amazon

Micro SDカードを買ったんですが、Amazonさん、この梱包は環境に優しくないということはないですか?

CO2が切れてしまいました。ミドボンを導入して1ヶ月すこしなんだけど、レギュレーターをミドボンに接続するネジ部位を手で回して腕力で固定したのがまずかったのかしらん。レンチを買うお金を節約したのがたたってしまったわけです。それはそれとして、これまで激しく水面に油膜が張ってたのにCO2の添加がなくなるとそれがなくなってしまいました。油膜はバクテリアの死骸といいますが、なんでだろう。

37th day

37th day

ガラス面掃除後です。とにかく苔の少ない元気な部分を増やして大幅差し戻しをすべくレイアウトそっちのけ成長優先でやってます、といいわけ。キスゴムとか逆止弁など普通いくつも持ってそうなものが揃ってないのでMISTYへのチューブを目立たないよう固定することもできましぇん。とさらにいいわけ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。